これまでは、e-taxを含む公的個人認証には「住民基本台帳カード」(住基カード)が使われていました。

しかし、2016年1月からのマイカードの交付開始により、住基カードの新規交付・更新は終了しました。今後は、「マイナンバーカード」による公的個人認証が進むことになります。

もちろん、電子的確定申告e-taxにもマイナンバーカードが使えるようになりました。

マイナンバーの利用にはマイナンバー対応のICカードリーダーが必要

マイナンバーで公的個人認証を行うには、ICカードリーダーが必要です。
パソコンにUSB接続したICカードリーダーにマイナンバーカードを差し込むことで認証を行うことができます。

自宅のパソコンからe-Taxで電子申告する場合は、ICカードリーダーの準備が必要です。
ICカードリーダライタは2000~5000円程度で購入が可能です。このとき注意は、ちゃんと「マイナンバー対応機種」であるかを確認することが大事です。
e-tax対応 ICカードリーダー

Kakaku.comやAmazonで人気の高い機種は以下の2機種です。

今年からはe-taxとお考えの方は、是非、検討してみてください。