大人気スターウォーズシリーズから、スピンオフ作品、「ローグワン スターウォーズストーリー」が12月16日に公開。公開当日、ナイトショーで見てきました。

ナイトショーにも拘わらず、会場は多くの人でいっぱい!金曜昼に予約をしたのですが、予約段階で、多くの席が予約済み。さすが、スターウォーズ、すごい人気です。

本作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)」と「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977)」の間を、本編とは異なる角度から描いたもうひとつのスターウォーズ。

本編には、皆が知る主要人物はあまり登場しません。今まで表舞台では描かれることがなかった人たちの帝国軍への抵抗が描かれています。但し、このストーリーが、スターウォーズエピソード4「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」につながり、レイア姫がR2-D2に帝国軍のデス・スターの設計図を託すことにつながっていきます。

ローグワン:あらすじ「希望、は死なない」 ネタバレあり

本作の舞台は、スターウォーズエピソード4の少し前。帝国軍が惑星の破壊兵器「デス・スター」を成功させる手前から始まります。

主人公は、「デス・スター」を開発した科学者ゲイレン・アーソの娘であるジン・アーソ。父は帝国軍からデス・スターの建造の技術者として奪いさられ、家族とは幼少期から離れ離れ。帝国で生きるために数々の犯罪を犯してきたジンでしたが、輸送中、反乱軍がジュンを救済。反乱軍の戦士たちに出会って、仲間として抵抗軍に抵抗する仲間に出会っていきます。

共和国の再建のために反乱軍に参加したキャシアン・アンドー。本来、帝国の監視用ロボットだったがキャシアンが反乱軍用にプログラム再生した警備ドロイドK-2SO
ジェダ出身で盲目だがジェダイの存在とフォース、思想を強く信じ、精神力で周りを察知し敵を倒す力を持つチアルート・イムウェ。その親友のベイズ・マルバス。元々は帝国軍の貨物船で働いていたが反乱軍となったボーディー・ルック

科学者の父のメッセージで明らかになるデス・スターの弱点

惑星ジェダは、デス・スター建造に欠かせないカイバー・クリスタルの産出地であるジェダ。そこは帝国占領下であり、昔、ジンをシェルターから救助したソウ・ゲレラが率いる反乱地がいる激戦地。ソウに会いに行ったジンは、父ゲイリンからのメッセージホログラムにてデス・スターを破壊するための「弱点」、そして、そもそも、ゲイリンがデス・スターの開発に加担をしている理由は、デス・スターに弱点を仕組むためであり、そのために帝国軍に参加していることを知るのです。

「希望は、死なない」~惑星スカリフでの宇宙戦

「弱点への攻撃にはデス・スターの設計図が必要」

そこで、そのデータを盗み出すため、そのデータがある敵地惑星スカリフと向かうのです。ここで描かれるのは、スターウォーズらしい宇宙船。

「エピソード4」では反乱軍が盗み出したの一文で片付けられていた設計図ですが、抵抗軍の激しい抵抗にあいながら、抵抗軍が「わずかな希望」を心に結集し、自分を犠牲にしつつ、自らの役目を果たそうと必死に戦う様が描かれています。

戦闘の途中には、絶大な強さを持つダースベーダーも登場。そして、奪い取った設計図がレイア姫へ引き継がれるシーンも描かれています。

この当たりの絶妙な、スターウォーズファンへの心の揺さぶり方は、是非、映画で見てほしいと思います。

本作をより面白く見るなら、ストーリ3,4の復讐を

本作をより面白く見るなら、以下の作品を見てから行くことをお勧めします。伏線がよくわかって、面白く見られますよ。


スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)
クローン大戦から数年、ジェダイはクローン軍を率いて、各地でドロイド軍と戦っていた。パルパティーン最高議長を拉致する事件が発生し、オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出に向かい、アナキンの活躍で救出に成功する。しかし、アナキンはパドメとの秘かな愛とジェダイへの忠誠で悩み苦しむ。そしてシスのダークサイドへ誘惑されていくのであった。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977)
銀河帝国樹立から19年。砂漠の惑星タトゥイーンでルークは、長年隠れ住んでいたオビ=ワン・ケノービと出会い反乱軍の戦いに加わることを決意する。ダース・ベイダー率いる邪悪な帝国軍に捕らわれたレイア姫を救出するため、オビ=ワンは若きルークをジェダイへ導いていく。

コメントを残す