明日12月14日は、2016年最後の満月

アストロジー(天体の位置によって相場予測を行う統計学の一種)では、周期=サイクル論と位置づけ相場を予測する方法ですが、この情報を意識し投資を行う投資家が一定量存在するため、相場の方向性が新月・満月前後に逆転・加速することがよくあります。

これまで日経平均&TOPIXは勢いよく上昇しているので、これが転機とならないか注意が必要です。

注意実は、満月以外にも相場転換に留意すべきアノマリー重要日が1週間にあります。近日公開予定

TOPIXと満月の関係

過去にも紹介しましたが、下図はSBI証券の「TOPXと満月日の関係チャート」です。

毎回ドンピシャという訳ではないものの、満月が株価の極小、極大値、加速点と重なる傾向があることがわかります。
1999年1月から2015年3月までの期間では、「満月の日はその10日前と10日後を比較した場合、平均して約4倍も逆方向に動くので、相場の転換点となっている可能性が高い」(有意水準3%)という結果も報告されています。

よって、確率的、以下のような投資戦略が効果的と言えます。

満月前日までに、それまでの株価指数の値動きと逆方向のポジションを採り、満月の10営業日後に手仕舞う

TOPIXと満月(2007.1-2015.3)

2017年、アストロジー投資に活かすための、おススメ市場予測本

毎年、驚異的な的中率を誇るレイモンド・メリマン氏
『フォーキャスト2016』では大統領選イヤーを占うべく、有力大統領候補のホロスコープを掲載、分析した上で、以下のように発言していました。2015年11月半ばといえば、共和党候補にドナルド・トランプ氏が決まるはるか前で、大統領候補にまで上り詰めると予想した識者は少数であった時期です。なかなかの驚き予測です。

「ここで結論を出すなら、2015年11月半ばのこの時点において、2017年1月に米国大統領の座に辿り着きそうな候補者は、ヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプ、そしてベン・カーソンであるように見える」

このメリマン氏の1年の市場予測が掲載された『フォーキャスト2017』が今年も予約を開始しました(発売は12月)。2017年版の主な内容は以下の通りです。

フォーキャスト2017
・マンデーンアストロロジーから見た2016年の天体位相と世界経済動向
・2017年各マーケット予想と重要変化日
・米国株、日経平均株価 米国債(Tノート)
・ドル円、ユーロドル、ドルスイスフラン
・貴金属、原油、穀物相場と天候予想
・上記銘柄のジオコスミック重要変化日
・2017年 星座宮別 個人の運気予測

以下も合わせてチェックを!

[オーディオブックCD] メリマン!2017年大予測
レイモンド・メリマン氏のラジオNIKKEI独占最新インタビューを収録。
メリマン氏の2017年のマーケットと世界情勢を、日本におけるメリマン・サイクル理論の研究者・林 知久氏(投資日報社)と大橋ひろこキャスターが、難解な専門用語を含むメリマン氏の予測を初心者にもわかりやすく解説します。
(CDおよそ75分)

コメントを残す