米国への10日間出張。
出張なら、遊びの部分は別として、航空券、ホテル代金等、移動費(タクシー、公共機関)など、会社請求できる部分が多いですが、それでも、米国内での立替は必要。また、食事やコンビニ、お遊び料金など、普段より出費はかさみます。

10日間出張となれば、現金も相当使ったのでは・・・とお思いになったかもしれませんが、現金払いは1万円以下でした(実際はもっと少なくできました)。日本にいるより現金払いが少ない結果に。

そこで、米国のお支払い事情について、書いてみたいと思います。

米国はとにかくカード社会

クレジットカード大国、アメリカ。
スーパーやコンビニでの支払い、数ドルの電車の支払いなど、なんでもクレジットカード決済が可能です。

例えば、コンビニ。小さな町のひなびたコンビニでもクレジットカード決済が可能です。
水やコーヒー、スイーツなど商品を持ってレジに行くと、わかりやすい場所にクレジットカード決済端末があり、店員さんがポスレジしてくれた合計額を、自分でカードを差し込み決済します。数件のコンビニで決済しましたが、暗証番号の入力も不要でした。

よって、本当に現金が必要だったのは、
・ホテルの部屋清掃のチップ代
・ホテルで荷物を運んでもらった時のチップ代
・現地ツアー利用時の案内人へのチップ代
つまり、現金払いが必要だったのはチップ代のみでした。

受けるサービスにもよりますが、チップ払い用に1ドル紙幣だけは多数用意しておくといいですね。

クレジットカードは複数枚持参しよう

ほとんど現金払いが不要な米国。故、米国人は現金をあまり持ち歩いていません。

ただ、どこでも使えるといっても、不安なことも。
コンビニ払いで何度か経験しましたが、クレジットカード決済端末にカードを差し込んでも、何度か認証不能なことがありました。何度かチャレンジして決済できたり、別のカードを使って決済したら支払えました。

必ずクレジットカードを何枚か持っていきましょう。

1枚しかクレジットカードを持っていない方は、年会費無料の高還元率カードを作っておきましょう。
海外出張・海外旅行に行くときは、短期間で航空券、ホテル等、クレジットカードでの決済額が増えるのでトータルのクレジットカード支払い限度額を増やすという観点からも、複数枚のカードを持っておくことをお勧めします。
もちろん、ポイントも溜まってお得です。

財布に入れておきたい年会費無料&高還元率クレジットカードは以下です。
Pontaカード系  リクルートカード (1.2%)
楽天ポイント系    楽天カード (1.0%)

各社の新規入会キャンペーンも実施しています
recuitcard-ad 楽天カード

極力クレジットカードで払うと旅行にかかった金額も簡単集計可能

クレジットカード払いをするメリットは、決済が楽なだけではありません。

以下のようなメリットがあります。

・クレジットカードポイントがたまる
・現金両替にかかる高い手数料を削減できる
・クレジットカード利用履歴から、旅行で使った費用を簡単に集計できる
・レジ前で該当のコインを探せず、小銭がじゃらじゃらたまるのを防げる

最初はクレジットカード払いは戸惑うかもしれませんが、一度チャレンジすれば克服できますよ!克服して、トータル支払額を削減しましょう!

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

コメントを残す