ビジネスの世界では、常に新しいアイデアが求められます。課題に立ち向かうためには、「超仮説」が必要と述べるのが本書の著者。

「超仮説」とは、著者定義によると「グーグルで検索しても出てこない仮説」です。グーグルで検索してすぐに見つかるような答えはありきたりで新しいアイデアとは言えません。最初に思い浮かんだ10個は捨て、11個目以降に思いついたものの中から選ぶぐらいでないと、新しいアイデアとは言えません。

本書は課題に対する正解がない時代に、どうやって正解に近づくことができるか、また自由な発想ができるかを指南する思考のトレーニング書です。優れた経営者たちの自由なものの見方を題材として、アイデアの出し方をトレーニングする内容となっています。

学歴エリートが40才を過ぎてつまずくワケ

学歴エリートが40歳を過ぎたところで急に躓くことがよくあります。この最大の原因は、彼らが子供のころから知識とフレームワークを使って短時間で問題を解く訓練を受けてきているからです。

彼らは、問題が与えられたとき、まずどのフレームワークが応用できるかを考え、その枠に落とし込みます。しかし、この課題解決法は、「解きやすいように問題を定義」、つまり、問題の視野を限定することによって、唯一の答えを導き出すのです。

例えば、市場構造、事業構造、収益構造をそれぞればらばらに考えている間は企業価値は見えてきません。見るべきは、限定された側面ではなく、その背景にあるメカニズムの全体像です。

故、フレームワークで問題解決を試みるのでは不十分で、トレーニングが必要です。

フレームワークを駆使して導き出す答えはグーグルで検索できる

これからの時代、検索をしても出てこない仮説=超仮説を導き出すことが企業価値を生みます。
そのためには、問題の構造を考えるところから始め、唯一の解があるという前提を捨てることが大事です。机上の論理に依存してはダメで、誰もが経験したことがない経験、誰もが嫌がるような経験を積み上げていくことで超仮説を導く力が身につきます。

超仮説を立てるには

アイデア出しもブレインストーミングも頭の中にあるものを出しただけにすぎません。見えない世界を覗くにはそれから先が重要です。頭に浮かんだ10個のネタは捨てる。11個目から先に大きな価値を生むアイデアが含まれていると考え、アイデアを練りましょう。

これからの時代、考えるべきこと

これからは人間科学や社会科学の知見がビジネスを生み出します。もはや製品が主役ではありません。人間を主役と考えることが大切です。
また、価値を生む源泉は、ハードウェアの開発・製造からサービスやソリューションのプラットフォームにシフトしています。過去の延長線上に未来はありません。異なる検索パターンを持つ人材を巻き込むことが大切です。

Amazonで価格と評価をチェック