バフェットにも大きな影響を与えた成長株投資の開祖であるフィリップ・フィッシャー
スタンフォード大学ビジネススクールの株式投資論の講座でも40年以上にわたってフィリップ・フィッシャーが書いた本が利用されています。

彼は、「保守的な投資とは、減らさない投資、保持する投資ある」と定義しています。これは言葉を変えると「臆病/気弱な投資」です。

この投資スタイルをわかりやすくまとめた著書「気弱な人が成功する株式投資」(岩崎日出俊 著)には、このフィッシャーの投資スタイルがわかりやすくまとめられているので紹介します。

気弱な人の「買い」の極意

  • 個人投資家が機関投資家に対して優位に立ちうるのは、長期投資ができること。
  • 健全な投資には、「知識」「経験」「感情の制御」の3つの要素が不可欠。
  • マクロ的に見て、マーケットがかなりの確度で全般的に上がっていくと思われるときはには、いたずらに個別株を吟味して時間を浪費するよりも、手っ取り早く、マーケット全体が上がること(ETF等)に賭けて相場を張ったほうがいい。

気弱な人の「利食い」と「損切り」

  • 株式投資で難しいのは「買い」よりも「売り」。特に「損切り」
    買いが間違っていたと判明した時には売らなければならない。これは投資家が感情のセルフコントロールができるかにかかっている。
  • 投資家の適切な処置を狂わせるセイラーの「所有効果」
    自分が所有に対して、人はより高い価値を勝手に与えてしまう。保有する株式の売りは、この「所得効果」に抵抗することから始まる。

    では、所有効果の罠に陥らないためには、どうしたらいいのか?
    投資家が持っている株に対して、「今、余分な金があったら、もっと購入するか?」を確認してみよ。

  • 損切りの3つのルール ~利食いは遅く、損切りは早く
    1. った値段に比べて何%下がったら即刻売るとあらかじめ決めておく。
      その水準まで落ちたら有無を言わさず切る。
    2. 今、その値段で持っていることは、その値段でその株を今新たに買うのと同じと考える。
      今日の株価を見て、もしその銘柄を買い増す気が起きないのであれば、持ち株の売却を考える。
    3. 買った値段を忘れる。
      重要なのはこれから株価が上がっていくか、それとも下がるかであり、過去いくらで買ったかは関係ない。むしろそういったことにとらわれると、これから先の冷静な判断ができない。

フィッシャー流「売りの原則」

  • そもそも当初の買いが間違っていた時
    フィッシャーによると、株式投資の醍醐味は大きな利益を上げることができること。大きな利益とは数年のうちに5倍、10倍になること。少ない利益で満足してはいけない。間違った株を買ってしまった場合は、損がわずかばかりの利益になることを時間をかけて待つようなことをしてはならない。固執することは大きな魚を逃すことにつながる。
  • 時とともに投資した先の企業が変遷してしまう場合
    フィッシャーの15原則から外れた場合。大きなのは、経営陣の劣化。

フィッシャーによる売ってはならない局面

株価が高くなり過ぎたと思って売り急いではいけない。株を買う時にやるきことをちゃんと行ってさえいれば、その株を売るべき時期というのは、ほとんど永遠に来ない。

いかがですか?とても参考になったのではないでしょうか。
上記は以下の本でより詳しく紹介されています。おススメ良書です。