最近、話題の多いロボット&AI

本書の著者は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の名誉教授中谷一郎氏。
宇宙とロボット?と聞くと、ピンとこない方も多いかもしれませんが、ロケット探査で扱われる宇宙ロボット等は、通信コントロールが簡単に効かない中で自律的に動くことが求められるロボット。湯水のごとくお金を投入して作られた最新ロボット技術の塊です。

著者は、30年のあいだに人間が雑用から解放されること、300年後には人間がロボットと融合した新種生物「ヒューロ」が誕生することを予測。さらに、ロボットの進化が政治、経済、文化、教育、人間の存在意義や人間の定義、さらに生と死の考え方に変更を強いることになると、衝撃に未来を予測。

その予測の詳細を本書を通じて解説しています。

ロボットの進化予測

著者は今後のロボット革命の進化を以下のように予測します。

1.ロボット革命前夜:現代   今~5年後
2.ロボット革命  :近未来  5年後~30年後
3.パソット時代  :遠い未来 30年後~300年後
4.ヒューロ時代  :SF的未来 300年後より先

パソットとはパーソナルロボット、ヒューロとはヒューマンロボットのことです。

一人に一台、パソット

現在、ロボットというと、工場で使われるロボットが主流。あらかじめプログラミングされた作業を淡々と確実・正確に行う工業用ロボットです。しかし、今から30年後には、ちょうどパソコンやスマホが現代のコンピュータでは主役となっているように、パーソナルなロボット=パソットが主流になっていくと著者は予測します。

これはいわゆる「雑用」を対象にしたロボットです、掃除、洗濯、子供の面倒など、雑用をこなしてくれるロボットです。このようなロボットはコマーシャリズムに乗ってどんどん家庭に入っていくことになるでしょう。

この進化の過程を図式化すると、以下のようになります。

自動機械の知能化⇒単機能のパソット⇒複数機能のパソット⇒汎用パソット

但し、パソットの段階ではまだ人間のような「心」はないだろうと著者は予測します。

パソットからヒューロへ

現在、ロボットは人間の生活を豊かにする味方か、それとも警戒すべきライバルか、という見方で論じられることが多いですが、これは、映画「ターミネーター」が代表するように、ロボットが自立し意思をもって動くとき、彼らにとって不出来な人間を駆逐しようとするのではないかという驚異から来ています。

かつて18世紀後半に始まった産業革命では、機械が人間の筋肉に代わることにより、ブルーカラーの地位を脅かしましたが、現在進行中の情報革命では、コンピューターが人間の脳に代わることにより、ホワイトカラーの地位に影響をし始めています。

さらに進化すれば、いずれロボットが次世代のロボット=ヒューロを自分で設計するようになります。仮に、現代人の世代交代が、仮に新生児が成人するまでとするなら20年とするなら、ヒューロの世代交代は設計改良とそれに基づいて製作する控えめにみて10日間。あっという間に進化してしまうのです。

この段階になると、設計基準、つまり人生目的のようなものもロボットが設定。そうなると、もう人間には次世代のロボットの進化の方向をコントロールできません。

ロボットは人間の雑用とか、人間の思想なんて考慮してくれない可能性があります。教育もコピーで代替できますから、教育の在り方も変わります。ヒューロには死が存在しませんから死生観もがらりと変わります。

そうなると、教育も哲学も倫理学も法律もリセットされてしまうのではないかと著者は予測します。

人は未来予測が苦手

人間は数十年先、数百年先を予測するのが苦手です。300年先はSFの世界です。

人類は賢いようで、実は自分の世代を大きく超えた将来に備える能力を全く欠いているように見えると著者は予測します。

その理由は、人間を含む生物の進化が、遠い将来ではなく、近未来の種の繁栄を基準に自然選択によって行われた結果です。あまり遠い未来には、自然選択の力が及ばないからだと指摘しています。