成長株投資の開祖であるフィリップ・フィッシャー。
フィッシャーは全部で4冊の本を執筆したが、本書はそのうち3冊目と4冊目を収録した本です。

本書のタイトル「投資哲学を作り上げる 保守的な投資家ほどよく眠る」は注意をしないと誤解を招くタイトルです。「投資哲学を作り上げる保守的な投資家はよく寝る」という意味ではなく、「投資哲学を作り上げる」という本と、「保守的な投資家ほどよく眠る」という本の2冊が収録されているという意味になります。

フィッシャーの成長株投資や投資理論は、ウォーレン・バフェットにも大きな影響を与えたと言われています。しかし、正直、この翻訳本を読むとそうなの?と思う人が多いのではないかと思われます。

その理由は「訳がひどい」のです。とにかく読みにくい。非常に文章が小難しいのです。英語が得意な方は、原文で読んだ方が内容が理解でき、フィッシャーの優れた考えに感銘ができるのではないかと思われます。

フィリップ・フィッシャーの投資スタイル

フィリップ・フィッシャーは、企業の成長性を重要視した株式投資で成功をした方です。長期をかけて成長しそうな株や、自分が生きている間成長しつづける大企業を投資対象としました。

バフェットにも影響を与えたフィーッシャーの投資スタイルは、スタンフォード大学ビジネススクールの株式投資論の講座で、40年以上にわたって教えられるほどです。

中でも有名なのが、株式投資の銘柄選びにおいても参考になる、企業の価値を評価するための「15の質問」です。

企業の価値を判断する15の質問
1. 少なくとも数年間にわたって、売上を大きく伸ばす製品・サービスがあるか
2. 業績を牽引する製品・サービスの次に向けた一手を打っているか
3. 研究開発が成果をあげているか
4. 強い販売網・営業体制があるか
5. 利益率が高いか
6. 利益率の上昇・維持に対する取り組みができているか
7. 労使関係は良好か
8. 幹部社員が能力を発揮できる環境か
9. 幹部社員は優秀な人材が多いか
10. コスト分析や、財務分析を重要視しているか
11. 競合他社に勝る、業界で通用する特徴があるか
12. 長期的な視野の収益見通しを立てているか
13. 既存株主の利益を損なう増資の可能性があるか
14. 経営者は問題発生時に積極的に説明しているか
15. 経営者は誠実であるか

保守的な投資家ほどよく眠る

さて、成長性の高い株への投資は、リスクと隣り合わせで積極的な投資と考えられがちです。しかし、企業の成長性へ投資するにも、保守性が大事であるとフィッシャーは述べます。

ここでいう「保守的な投資」とは、リスクを最低限に抑えて購買力が保全(維持)される可能性が最も高いものへの投資のことです。

本書はフィッシャー67歳の時に執筆された本ですが、死ぬまで約50年間にわたって保有し続けた“フィッシャー銘柄”モトローラに対し、なぜ当時人気のなかったモトローラを、長期保有しないではいられない優れた会社と見抜いたのかが、記載されています。

傑出した将来性のある会社に投資をするには、分析を通してリスクを回避することを大事です。その分析は、機能的要因から、経営陣など人的要因、ビジネス的要因まで多岐にわたります。本書には、それら3つの要素に関し、何が大事であるかがまとめられています。

フィッシャーの投資理論を学びたいなら、わかりやすく記載された別本を読んだ方が効果的です。

私が過去に読んで本では、以下が読みやすかったです。