9月・10月は「歴史に残る大暴落が集中して起きた月」です。

9月・10月に起きた大暴落や世界的大事件一覧
1929年10月24日 世界大恐慌
1973年10月   第一次オイルショック
1985年09月   プラザ合意
1987年10月19日 ブラックマンデー
1992年09月   英国がユーロ導入を断念(ポンド危機、ジョージソロスに敗北)
1998年10月   ロシアデフォルト→LTCMが破綻
2001年09月11日 9.11同時多発テロ→株式市場が閉鎖→暴落
2008年09月15日 リーマンショック

9月、10月に暴落が起きやすい理由

9月から10月にかけて、世界中で株価が暴落しやすい理由の一つは、「欧米のヘッジファンドの多くが11月に決算月」であり、その前にポートフォリオの化粧直しをするからです。
化粧直しでファンドがホールド銘柄を売却、その下落をみて、市場の一般参加者も銘柄を手放す提灯売買が行われることで、売りが売りを呼びます。
また、過去にリーマンショックをはじめ、大きな暴落が起こった危機感があるため、市場参加者が敏感になっているが故、市場が「下落」を通り越して、市場が「暴落」「大暴落」してしまう傾向があります。

米S&P500の騰落回数も9月が最悪

S&P500指数の前月比株価騰落回数も9月が最悪です。
以下は、著書「勝率9割の投資セオリーは存在するか」(馬淵治好 著)に紹介されている、1929年~2015年までの前月比騰落回数結果です。

月別騰落回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
上昇回数 55 47 53 54 49 48 49 50 38 51 51 63
下落回数 32 40 34 33 38 39 38 37 48 36 36 24

下落・暴落後に買えば、株式成績のパフォーマンスは上がる

上記の通り、9月が最も上昇可能性が低い。これは、日本株においても同様のことが言えます。一方、年末から1月にかけては上昇しやすいことがわかります。

戦略的には、9月、10月が大きく下落した後、買い戻せば、パフォーマンスが上がりやすいということになります。

参考著書

投資セオリー、マーケットの俗説は本当に正しいのか? を過去のデータを検証。市場の習性や、投資判断に有効な指標などをわかりやすく解説しています。

コメントを残す