海外に行くとき、私は、現地通貨のお札・コインを入れるために、かつて使っていた古い財布を一つ持っていくのですが、いつも使わずじまい。かつて使っていたなじみのある財布のはずですが、なぜか使う気にならないのです。

理由は、「生気が抜けてしまった抜け殻」のようで、とてもお金にとって居心地が良いとは思えないから。

どうせ使わないなら捨てようと思ったのですが、お財布には正しい捨て方があるのでしょうか?お財布ってどう処分したらいいのでしょうか?

気になったので調べてみました。

お財布の処分に決まりはなし

お財布店などを含めネットで情報収集してみたのですが、結論からいうと、お財布の処分の仕方、捨て方には決まりはありません。

捨て方よりも、以下に、お財布の使い始めやお財布の平時の使い方が大事です。

ただ、風水的な考え方では、以下のような点に気配りをするといいようです。
・雨の日に捨てる(または、「水」にまつわる川や海の近くに捨てる)
・見た目に分からないように白い布や紙に包んで捨てる
・塩で清めてから捨てる
・金運UPの方角に行って捨てる

お財布は使い方が大事

お財布は「お金のお部屋」です。そのお部屋がお金にとって気持ち良い状態にしておくことが最も大事です。

いかにお財布との付き合い方をまとめたので参考にしてください。

お財布は定期的に買い替えを

お財布は、3年ぐらいをめどに買い替えた方がよいそうです。

その理由は、お金にパワーがありますが、人はお金に執着する生き物なので、古いお金にはネガティブなエネルギーがついてしまうから。
ネガティブなエネルギーを帯びることで、財布は、エネルギーを消耗してしまいます

なんとなく、財布を買い替えようかなと思ったときは、財布の買い替え時でもあるそうです。

まだ使えるから・・・と執着しすぎると、かえって金運を下げてしまうので、気を付けましょう。