毎日、暑い。。。

エアコンが欠かせません。夜も暑くて寝心地が悪いため、扇風機を首ふり状態でつけっぱなし。電気代が気になります。

では、エアコンをつけっぱなしにすると、いくらかかるのでしょうか?

エアコン冷房時の計算

電気代の計算式は、以下の式で表されます。

電気代 = 消費電力(W) × 使用時間(時間) × 1時間当たりの電気代

消費電力
我が家のリビングのエアコンは、2014年製の 三菱ルームエアコン(10-12畳用)。ごくごく一般的なエアコンです。
消費電力を調べたところ、冷房時は810W対し、暖房時は865Wでした。

1時間当たりの電気代
我が家は東京電力管轄。最も家庭で利用されているのは「従量電灯B」、電力量料金が「120kWh-300kWh」で、1時間当たり1kWの使用料金は「26円00銭」です。(2016年7月13日現在)
※今年の冬、調べたときは25円91銭でした。少し電気代が高くなっています。。

上記を用いて、計算すると、

電気代 = 0.810kW × 24時間 × 26.00円 = 505.44円

フルで一日つけっぱなしということはないので、もう少し現実的に、
仮に1日の1/3=8時間、エアコンを利用するとすれば、

1ヶ月の電気代は、= 505.44円×1/3×30日=5054.4円

つまり、エアコン冷房を使わない時期と比べて1ヶ月で5000円電気代がアップします。

当然、エアコンを複数台使用していたり、扇風機などを併用していればさらに電気代はアップします。電気代節約の努力が必要です。

電気代を安くする方法

エアコンの電気代を節約したいなら、最新の省エネエアコンに買い替えるのがいいですが、大きな購入費用が必要です。
他の方法で、実質的な電気代を減らす方法を2つ紹介します。

方法1.契約アンペアを見直す

電力会社と契約している契約アンペアを見直します。例えば一人暮らしの場合、家族用に必要な大きなアンペアで契約していると、その分電気代が高くなります。

方法2.電気容量と電気料金プランを見直す

方法1の電気アンペアの見直しと同時に、電力自由化で始まったお安い電力プランへの変更を行いましょう。
電力比較サイト「エネチェンジ」を利用すると、を利用すると、5つの質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランが調べられます。
国内最大級の電力比較サイトで、無料で、26の電力会社から、合計153プランを比較できます。

エネチェンジ で最適な電気プランを調べる

方法3.効果は低いが簡単!支払いを高還元率クレジットカードに変更する

支払いを口座振込やコンビニ支払いをやめて、高還元率クレジット払いに変更しましょう。以下のカードなら、年会無料&ポイントが貯めやすい/貯めやすいのでオススメです。