お金持ちになりたかったら、「財布」は「お金」にとって居心地のよい場所にしてあげる必要があるというのは、よく言われるところです。

お札はきちんと方向をそろえて入れましょう、というのも、重要なことの一つ。

では、お札は上向きにそろえて入れるのがいいでしょうか?
それとも下向きにそろえて入れるのがいいのでしょうか?

佳山 知未さんの著書「お金持ちが大切にしている 財布の習慣」によると、お札の向きは以下のような意味があります。

上向き:お金を社会に循環させる
下向き:お金が貯まる

一見、下向きの方がいいようにも思えますが、お金を社会に循環させるというのも大事な役割。どちらでもいいそうですので、自分の考えに近い方を選択するといいかもしれませんね。

お金の向き以前に改善しなければならないのは、以下のようなことです。

NG
・お尻のポケットに財布を入れ、お尻でお金を敷いている。
・領収書やポイントカードで財布がパンパン
・財布がボロボロ

心当たりのある方は改善しましょう。

なお、財布の寿命は3年なのだとか。

お金にパワーがありますが、人はお金に執着する生き物なので、古いお金にはネガティブなエネルギーがついています。
それ故、お金を入れる財布は、エネルギーを消耗してしまうため、3年で買い替えるのがいいそうです。

財布を買い替えようかなと思ったときは、財布の買い替え時でもあるそうです。

思い立ったら、素直に行動しましょう!