雇用保険料率の引き下げなどを盛りこんだ改正雇用保険法が29日、参院本会議で可決・成立した。4月から失業給付に充てる保険料を0.2ポイント引き下げ、年収の0.8%にする。 

この改定により、年収400万円の人の場合、年4000円の負担減につながります。
わずかですが、社会保険料が減るのは喜ばしいことです。

改正の理由は、雇用情勢の改善で失業給付が減少し、積立金が6兆円を超えたため。景気回復の恩恵です。

なお、昨今、介護休業を取る人への給付金の引き上げも盛りこまれたとか。これまでは休業前の賃金の40%だったが、67%に増える。高齢者が働きやすいよう、65歳以上の人が新規で雇用保険に加入できるようにすることも盛りこまれたそうです。

家計の貯蓄を殖やすために読んでおくとよい本

過去に当ブログ(旧ブログ)で紹介した本の中から、読みやすい本を数冊、リストアップしてみました。読んで損のない本です。ご参考に!