ボストン・グローブ紙がタブー視されてきた、
カトリック教会の大罪=「組織的幼児性的虐待の隠ぺい」の真実を暴く

本年度アカデミー賞 作品賞&脚本賞 W受賞した作品です。

ストーリー:ネタバレ

2001年の夏、ボストン・グローブ紙に新しい編集局長のマーティ・バロンが着任。
地元の賢威カトリック教の神父の性的虐待事件は、その賢威を恐れ、小さな記事してしか扱われていなかった。そこに目を付けたのが部外者で着任したバロン。彼は、地元民が恐れて真実の追及を避けてきいた神父の大罪を深く掘り下げ、真実を暴くよう指示する。その任務を命じられたのが、独自の極秘調査に基づく特集記事欄《スポットライト》を手がける4人の記者たちであった。

彼らは神父の事件にかかわった弁護士、被害者らに対する地道な取材を積み重ねることで、一人の神父でなく、大勢の神父が子供の性的虐待に手を染めている実態を突きとめる。敬う神父が「やさしい声をかけてくれた」と思う純粋かつおとなしい子供を狙って、性的虐待を行っていたのだ。そして、その事実を知る教会組織は、組織的にその事実を隠ぺいするよう工作を重ねていたのであった。

1人の神父の罪を明らかにしたところで、子供たちの被害は食い止められない。
組織的な罪を暴く必要があるのだ。

バロンの言葉に従い、事実追求に奮闘する4名の記者たち。教会の罪を暴く彼らの記者根性を徹底的にまとめた作品です。
日本人にはカトリック教が、どのように人々の心の支えになっているかは理解しにくいのが正直なところですが、純粋な子供を食い荒らし、その子の人生に大きな影を残してしまうというのは十分理解ができます。

彼らの真実を暴くんだ!という強い記者魂は、是非、劇場でご確認を!

タダ見も可能!映画をお得にみるための情報

映画を安く見る方法はたくさんあります。是非、ご活用を!