5歳の男の子、ジャックはママと一緒に「部屋」で暮らしていた。
外とのつながりが小さな天窓しかない「部屋」の中にあるものが
ジャックの知っている全ての世界だった。

拉致され納屋に7年間も監禁された女性ジョイと、レイプによりそこで生まれ育った5歳の息子ジャックの納屋からの脱出と、外の世界へ飛び出し家族と再会を果たした後も続く社会適応の苦悩を描いた作品です。

ストーリー:ネタバレ

ジャックにとって「知っているのは部屋とテレビの世界だけ」。リアルは「ママ」と「自分」だけであり、納屋の天井についた狭い天窓から見える”外の世界が理解”できない。
誕生日にキャンドルのついたケーキさえ与えられず、普通に子供が成長過程で体験することを全く体験させてあげられないママ。

いつもは親子一緒に狭いベットで寝る2人だが、ジャックがクローゼットのベッドに隠れて寝る夜には、監禁者ニックが現れ、ママの上にのしかかる。

ママは、ニックがジャックに乱暴を働くのではないかと親として気が気じゃない。とにかくこの監禁状態を脱出しなければと決意し、ママはジャックに無理を強いしてジャックに大芝居をさせることで、納屋からの脱出に成功する。

晴れて自由の身。しかし、世間は二人をそっとしておいてはくれない。

ジャックは今まで見たことのない壁の外の世界がなかなか受け入れられず苦しむ。

一方、ママのジョイに対してはマスコミがママとしての在り方に厳しい質問を投げかける。また、学生時代の写真の中で元気に笑う学生時代の自分を見ては、監禁で苦悩した自分VS不自由のない普通の生活を送った友との境遇の差に、自分に起こった不幸にやりきれなさを感じ、精神が不安定になる。

しかし、ママとジャックは「なんでもやってみる」ことで、壁の外のリアルをしっかり感じていくことを決意するのだった。

ジャック役、ジェイコブ君の演技が素晴らしい!

本作で、ママを演じたブリー・ラーソンはアカデミー主演女優賞を受賞。

しかし、映画を見るとわかりますが、本当の主役は「ジャック」。役を演じたジェイコブ・トレンブレイ君の演技が素晴らしい。とくに、少し大きめのパンツを履いて歩く後姿のジャックは愛らしく、「この子を守ってあげなくては」という気持ちにさせられます。ストーリー前半の髪の長いジャックはまるで女の子のようで、髪を切り、5歳ながらもちょっと強くなったジャックとのギャップもいいです。

原作は、エマ・ドナヒューの「部屋」

本映画の原作本は、アイルランド出身のエマ・ドナヒューによる大ベストセラー小説「部屋」。映画が公開されたためか、Amazonランキングで1位を獲得しておりました。

タダ見も可能!映画をお得にみるための情報

映画を安く見る方法はたくさんあります。是非、ご活用を!