GWですね。朝から映画館は盛況です。

先日、ちはやふる~上の句/下の句~のチケットを頂いたのですが、上の句は公開から時間が経っていることもあり、時間が午前中の早い時間でなかなか見に行くチャンスがありませんでした。GWになり時間ができたので早速見に行ってきました。

「ちはやふる~上の句」は117万人を動員するヒット。「下の句」と合わせて興収30億円を目指しているのだとか。

昨日4/29から「下の句」が公開。都内で行われた主演映画「ちはやふる 下の句」の舞台初日では、主演の広瀬すずさんがサプライズの続編発表に感極まり腰を抜かしたことがネットニュースでも取り上げられています。

当初見に行く予定のなかった映画ですが、チケットを頂いたこともあり、1日の公開本数が少なくなっている「上の句」ですが、本日早起きして見に行ってきました。

ストーリー

競技かるたに打ち込む高校生たちの青春を描いた本作は、コミックス既刊31巻で累計発行部数1400万部を突破する末次由紀による大人気コミック「ちはやふる」の映画化。

小学生の時にチーム3人で頑張った、千早/太一/新の3人。しかし、新は家の事情で遠くへ引っ越してしまう。
高校生になった千早は、新に会いたい一心で「競技かるた部」創設を決意し、高校で再会した太一とともに部員集めに奔走。なんとか5人の部員を集めて競技かるた部を立ち上げた千早は、全国大会を目指して練習に励むのであった。

青春&何かにチーム一丸となって熱く燃えるさまに、感動

私は原作コミックは読んだことがなかったのですが、非常に面白い!チームで青春に燃える彼らに、見ている私も心が熱くなり涙してしまいました。

一般の人にとってはあまりなじみのない「競技かるた」。競技っていっても、文化系でしょ、と思っていたのですが、すごいスポ魂系の競技なのですね。ちょっと驚きました。

映画全体に使われる「色」が美しいのも、非常に印象に残りました。

オススメです。
「ちはやふる ~下の句~」も本日見てきたいと思います。

タダ見も可能!映画をお得にみるための情報

昨今、映画はかなりリーズナブルな娯楽です。映画を安く見る方法はたくさんあります。
家で見るのと映画館で見るのでは楽しさが違います。是非、お得に映画鑑賞を楽しんでくださいね。