4月14日に発生した熊本地震。多くの犠牲・被害をもたらし、今なお余震が継続しています。
防災への意識が薄くなってきた頃にやってくる地震。今、熊本地震をきっかけに、東京都が作成した防災ブック「東京防災」に再び注目が集まっているそうです。

東京防災は、首都直下地震などの大規模災害に備えられるよう、2015年9月から都民に配布された冊子で、日頃から用意しておくべくことや物、いざ災害に遭った場合の対処方法、復旧や復興のために必要な知識などが約300ページのボリュームでまとめられています。
我が家にも配られましたが、字ばかりでいかにも「東京都」が作ったというようなものでなく、イラストを多用することで、多くの人に見てもらおうという東京都の意思が感じられる防災本になっており、驚きました。

この防災本、各世帯に無料で配られましたが、Webページで公開されていましたが、3月末からはAmazonのKindleストア、AppleのiBooks Storeでも無料の電子書籍としてダウンロードできるようになっています。

東京防災  無料でダウンロードできます!
東京都総務局総合防災部防災管理課 (編集)
Kindle 価格: ¥0

防災グッズ、備えは大丈夫ですか? Amazon 防災グッズ特集



一番売れ筋