「おいしいものを食べているときの幸福感」、たまりませんよね。

なぜ、おいしいものを食べると幸せな気分になるのか?
なぜ、おいしいと食べ過ぎてしまうのでしょうか?

そもそも、食べ過ぎて太ったと騒ぎ、ダイエットに励むのは人間のみです。事実、ライオンやキリンなどの野生動物は皆スリムです。ダイエットなどを心がけているとも思えません。人間によく似ているといわれるサルでさえ、満腹時に大好物のバナナを与えても、見向きもしないか、自分の隠し場所に持っていき、空腹になった時に食べるのだそうです。

ではなぜ、人間は我慢ができずに、別腹と称しておなかがいっぱいでも食べてしまうのか?そんな問いに答えてくれるのが本書。現代人の「食べる」を科学した本で、好き嫌いのメカニズム、甘いものに目がない女性の秘密、噛むことの効果などについて解き明かして言います。

なぜ、人間のみがおいしいと食べ過ぎてしまうのか?

先にも記したように、野生の動物は皆スリム。ダイエットをしているわけでなくとも、食べ過ぎるということがありません。

動物は、体の中の適正な満腹信号をキャッチしてそれに従っているだけです。本能に従い、おなかが減れば食べ、おなかがいっぱいになれば食べるのはやめます。

しかし、ヒトの場合、他の動物と比べて大いに発達している全頭連合野の働きが、本能の行動をコントロールしてしまうところに問題があります。要するにおいしさの誘惑に弱いのです。

おいしいと出てくるドーパミン

食欲を生じさせる脳の部位は視床下部外側野で摂食中枢とも言われます。食後何時間か経つと、血糖値の低下は、摂食中枢の細胞を刺激して空腹感を生じさせ、食欲を高めます。

実際に食べ物を口にし、おいしいと実感した後は、そのおいしさをさらに期待してより多く摂取しようとする気持ちが表れます。このような働きの脳内経路を「報酬系」と言います。ドーパミンなどが分泌されるのです。

麻薬に手を染めた人が麻薬を断ち切れないのも、この「報酬系」が満たされるからです。

食べ過ぎる原因とその解決方法は

おいしいから食べ過ぎる大きな原因は「早食い」です。食事をして満腹物質が満腹中枢に作用して食事にブレーキをかけるには、早くても10分かかります。

ではどうしたらいいかと言えば、「我慢」するしかありません。

おいしくて食べ過ぎて、体脂肪の気になる普通の人が心掛けるべきことは、早く食べることを我慢して、ゆっくりよく噛んで食べることです。

食べ物の種類にもよりますが、ひと口につき平均30回噛めば十分です。1食あたり20分以上かければ、満腹中枢が途中からブレーキをかけ始めますから、整理していな仕組みで食べ過ぎる前に自然と接触停止に向かいます。

噛むという行為によって脳内にヒスタミンという満腹物質が出て、摂食にブレーキをかけます。また、噛むことにより交感神経が作用して、脂肪を効率よく燃やして分解すると共に、脂肪細胞の中に脂肪の原因となるブドウ糖が入らないようにし、脂肪合成の酵素の働きも止めてくれるのです。

昔から言われ続けていることですが、「噛むことの大切さ」を改めて認識させられます。

コメントを残す