クレジットカードの改悪が進んだ2015年8月。リーダーズカード、漢方スタイルクラブカード、REX CARDが次々に還元率を改悪。還元率2.0%のリクルートカードプラスがダントツのNo.1となっていました。
しかし、このリクルートカードプラス、2015年10月頃から、申込みページが検索しても見つからなくなってしまったんですよね。そして、ついに、以下の正式な発表が・・・

リクルートカードプラス、2016年3月15日(火)午前11:59をもって新規発行終了です。

さらに、改悪
2016年9月16日(金)より、電子マネー「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージ分については、ポイント加算対象外です。
【重要なお知らせ】リクルートカードプラスにおけるポイント加算対象の改定について

nanacoはセブンイレブンでのショッピングだけでなく、公共料金や各種税金にも使える電子マネーです。メインカードとしてリクルートカードプラスを利用している利用者として残念です。ただ、既にカードを持っている場合は、2%の還元率が継続されます。

新規発行終了までにリクルートカードプラスに入会したい方は、入会手続きを急いでください。年会費は次年度以降2000円(税抜)です。 ⇒【追記】申込みは終了しました

3/16以降、最も還元率の高いカードは?

さて、利用者として重要なのは、今後、高還元率カードとして何を選択するかですよね。
還元率のみで考えるなら、還元率1.5%の以下のカードです。

REX CARD
 初年度年会費無料。前年50万円以上の利用で年会費無料

漢方スタイルクラブカード
 初年度年会費無料。2年目以降1,500円(税抜)

残念ながら、上記2枚のカードでは、電子マネー「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージは加算はできません。

nanacoチャージでもポイントがついて、ポイントの使い勝手も良くて、年会費完全無料カードで最も還元率の高いカードは?

カードを持つなら、
・高還元率
・ポイントの使い勝手がよい
・年会費無料
の3つの条件を満たすものを選びたいもの。そうなると、候補になるのは、3大ポイントカードのクレジットカード。リクルートカード、Yahoo Japan!カード、楽天カード、ポイントが貯まるクレジットカード。

ここで、nanacoチャージでもポイントを貯めたい!なら、VISAなどカードブランドをどこにするかが大事です。以下のカードを選ぶことが大事です。

Pontaポイント  還元率1.2% リクルートカード:VISA、JCB
Tポイント      還元率1.0% Yahoo! JAPANカード:JCB
楽天ポイント     還元率1.0% 楽天カード:JCB

リクルートカード:VISAの場合、還元率1.2%、かつ、nanaco、楽天Edy、モバイルSuicaの3つの電子マネーチャージでもポイントが貯まるの一歩リードなお得クレジットカードと言えるでしょう。

charge_visa