先日、当ブログで「読者さんに興味をもって頂けそうな映画」として紹介した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(原題:The Big Short)を、公開初日レイトショーで見てきました。

映画の舞台はリーマンショック。世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人のアウトローたちを描いた真実の物語。時限爆弾とも言われた「サブプライムローン」が数年以内にデフォルトすることを予測し、ウォール街を出し抜くべく奮闘する金融トレーダーを描いた金融ドラマです。

第88回アカデミー賞では、作品賞、監督(アダム・マッケイ)、助演男優(クリスチャン・ベール)、脚色(チャールズ・ランドルフ&アダム・マッケイ)、編集賞(ハンク・コーウィ)の合計5部門にノミネーされ、脚色賞を受賞しました。

映画のストーリー(ややネタバレあり)。そして、感想は・・・

物語は米国の住宅バブルがはじける2006年頃?から始まります。住宅ローン市場で起こる異常にいち早く気付いた男たち。

  • 低所得者は、普通なら信用が低いからと断られる住宅ローンが「銀行」から借りられる
  • 銀行は、貸し倒れるかもしれないローンを「投資銀行」に買い取ってもらえる
  • 投資銀行は、AAAクラスの優良証券に粗悪なサブプライムローンを混ぜて作った証券のパッケージCDOを「投資家」に販売し儲かる
  • 「投資家」は、AAAクラスの優良証券を手に入れて喜ぶ
  • 証券化されたパッケージは、さらにパッケージ化されて複雑化されて販売。デリバティブの取引量は、もともとの商品である原資産の何倍にも倍増
  • サブプライムローンの焦げ付きが出始めているのに、FRBまで市場は安全だと言っている

「サブプライムローンのデフォルトが増えているのに、こんな詐欺まがいの状況が長く続くわけはない」「実体経済とマネー経済のかい離が激しすぎる」と、4人はそれぞれの方法・考えで市場に挑戦を挑みます。

以下は、私の感想です。
リーマンショック時にあれだけ毎日ニュースになっていたにも関わらず、リーマンショック・サブプライムローンの問題について自分の言葉で説明できる人は少ないと思います。そんな我々に、本映画は、ストーリーを通じて、何が起こったかを解説してくれます。

また、マーケットで起こる詐欺に気づいて「big short」を講じても、成功=利益はすぐにやってこない。気がおかしくなりそうな苦悩を耐えたなければ成功はできないということを教えてくれます。

世の中がバブルに湧いているときは、市場がなかなか間違いを認めてくれません。そして、論理的には理解できないような高騰が起こります。その間、ショート(空売り)で挑む人たちは、市場の異常なお祭り騒ぎを自分の資産が減りゆく中、耐え忍ばなけばならないのです。暴落で巨額な利益を得る人が一部いますが、利益を得るのは本当に難しいことなのだと改めて実感させられました。

100年に一度と言われたリーマンショックですが、その後市場は回復。米ダウはリーマンショック前の高値を世界に先駆けて達成しました。
しかし、過激発言を連発するトランプ氏が共和党候補として皆の支持を集めるほど、現在の米国は病んでいます。不安定な市場と常に向き合っていることを念頭におきながら、投資をすべきなのだと、考えさせられもしました。ホント、市場と向き合うのは難しいです。超弱小投資家として、いろいろと勉強させられるいい映画となりました。

P.S.
リーマンショックを投資家として見ていなかった人、金融リテラシーがあまり高くない人にはそれでも内容が難しいかもしれません。でも、投資をするなら、ちゃんとこの映画が楽しめる程度の金融知識は身につけておきたいですね。

タダで見れるかも!映画をお得に見る方法

コレド室町2で食事をした後、同館内にあるTOHOシネマズ日本橋でレイトショーで映画鑑賞してきました。

原作本をKindleで

より深く、本映画を理解したいかたは、原作本をチェック!原作は、映画『マネーボール』の原作者であり、アメリカを代表するベストセラー作家、マイケル・ルイスの『世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)』です。
より理解を深めたい方はどうぞ!