他人のお財布事情、気になりますよね。

JCBが「クレジットカードに関する総合調査 2015年度版 調査結果レポート」(2016年2月22日)を発表しています。そこからお財布事情を垣間見てみましょう。

みんなの、クレジット利用状況

レポートによると、2015年の結果は以下のようになったとか。

  • 世帯あたりの月平均生活費は17.7万円。月平均カード利用額は5.3万円。生活費の3割はカードで支払い。
    世帯あたりの月平均生活費は昨年比で1万円減少。この影響を受け、最も利用が多いクレジットカードの利用頻度・金額ともに微減しています。
  • クレジットカードの保有率は84%。平均保有枚数は3.2枚
  • 「入会金・年会費の安さ」「ポイント・マイル」など利得性が重視されている
  • カード利用が多い業種は「オンラインショッピング」、「携帯電話料金」、「スーパーマーケット」。「コンビニエンスストア」でのカード利用は増加傾向
    日常的な買い物でカードが利用されている状況が伺えます。ちなみに、「コンビニエンスストア」では2013年からカード利用が増加しているそうです。
  • 電子マネーの保有率は80%、利用率は66%
    交通系(鉄道・地下鉄・バス)、コンビニエンスストアでの利用者が多いようです。

「世帯あたりの月平均生活費が17.7万円」とは、皆さん、ビックリするほど堅実。とても散財している家計とは思えません。家計のやりくりに苦労されているということなのでしょう。

私のクレジットカード利用状況は?

私はポイント獲得と、家計簿アプリマネーフォワードでの家計簿入力を極力減らすために、可能な限り現金払いをしないことにしている一人。もちろん、コンビニでは電子マネー払いです。

そのため、月の生活費に占めるクレジットカード払い率は、調査レポート結果よりも高い40%台。ただ、月の支出割合の多い住居費、さらにジム代など、銀行振込にしか対応していないものがあるため、50%以上をカード払いにするは難しいのが現状です。残念!

やっぱり人気は、年会費無料・高還元率カード

調査結果から、やはり人気の高いカードは、年会費無料・高還元率カードであることがうかがえます。
年会費無料・高還元率な3大クレジットカードと言えば、以下のカード。便利でお得なクレジットカード、賢く利用しましょうね。

Pontaポイント  リクルートカード (1.2%)
Tポイント      Yahoo! JAPANカード (1.0%)
楽天ポイント     楽天カード (1.0%)

各社の新規入会キャンペーン
 Yahoo! JAPANカード 楽天カード