ビジネスで最も大事なこと、それは「どう儲けるか」「どう収益を上げるか」。
売上UPを計ろうと、いくら社内で知恵を絞ったところで、出てくる案は過去と似通ってしまうのが実態で、なかなか思うような手が打てず、お困りの方も多いと思います。

本書の著者である岩波さんは、メールマガジン「儲けの裏知恵365」の発行人。過去10年以上にわたり「儲けのタネ」を配信されています。本書はその中から、多くの業界で役立ちそうな原稿をセレクトし、加筆・再構成されています。再構成され、以下のような章立てでまとめられられることで、より効率的に「儲け方」について学べるようになっています。

1章:意外と知らない!「売上げ」が伸びる王道ネタ
2章:できる人はやっている!「営業成績」が上がるマル秘ネタ
3章:お客の反応が劇的に変わる!「キャッチコピー」の裏ネタ
4章:なぜか財布が勝手に開く!「セールス文章」の凄ネタ
5章:小さなひらめきで大きく稼ぐ!「売れるアイデア」の厳選ネタ
6章:ピンチをチャンスに変える!「問題解決」の心理ネタ
7章:気軽に実践できる!「小遣い稼ぎ&節約」のお得ネタ

「儲けネタ」が「あなたのタネ」を誘い出す

儲ける方法を発想しようと思って理論を学んだところで、すぐに発想力は高められるものではありません。では、どうしたらいいのでしょう?

岩波さんは、最も効果を上げる秘訣は「先人たちが残してくれた智慧のサンプルを数多く知ること」だと述べます。

ほんのちょっとしたアイデアでも、それをちょっと応用するだけで、有効な手段と成り得ることは多いものです。例えば、「異業種の常識」を試してみるのも一つの方法です。本書には、その元ネタとなるヒントが多数紹介されています。

以下に列挙したのは第1章で紹介される「売上げ」が伸びる王道ネタ。一つ一つでは、どこにでもある方法ですが、意外と実践できていないことは多いものです。このようなネタがこれでもか!とばかりに多数紹介されているので、まず実践してみようと思えるネタも見つけやすいでしょう。まずはともあれ、実践です!

・「お1人様●個まで」戦略:一般的「売上がUP」する方法

・「3つ目からは一つ●円!」戦略:単価値下げより複数購入を条件に値引きする

・バリエーション(松竹梅)戦略

・「2つ目1円」戦略

・「100人に1人無料キャンペーン」戦略
 たった1%の損なのに効果抜群の謳い文句となります。

・「●●もいかがですか?」クロスセル戦略

・思わず追加で購入してしまう「予備もあると便利ですよ」戦略

・「お試しください」戦略:これは「買ってください」の別表現です

・「ライバル店の会員証500円で買い取ります!」
 ライバル店の努力を横取りするします

・「ビール券、各種商品券、額面の90%で支払OK」=「宝の持ち腐れ」解消サービス
 ⇒人間はラッキーな偶然に巡り合うと、肯定的な行動をとりやすくなります

・既存の商品に「鮮度」を加える「年度版」商法

・フロントエンド商品とバックエンド商品による「ステップ販売」

・値下げでなく値上げ「希少性保持のため、値上げします!」販売

・「初」コピー商品

・ラッキー演出
 例)「あ~よかった!今ならギリギリ間に合います」
   「この部屋は、当店で一番眺めの良い部屋です」 等

2つの「仕組み」をマネしよう!

収益を上げたいと思ったら、1人で頭を抱えずに、まずは、他社・他者が成功している方法をマネてみるのが近道です。このとき、岩波さんは、ビジネスを行う上で意識すべきは点には、2つの「仕組み」があると言います。

一つ目は、「収益モデルとしての仕組み」。こちらは儲けの仕組みズバリですね。ただし、これだけではダメです。

2つ目の仕組み「人間の心の仕組み「心の仕組み」も同時に理解する必要があります。理由は、買い手の心理を揺さぶる「仕掛け」が購買というアクションには必要だからです。この点を考慮し、本書では「購買時の心理」についてもしっかり説明されていているので参考になります。「ちょっとした気遣い」がとても大切なことを改めて気づかされます。