FXトレードの成績=利益に多大な影響を与えるのが、約定力スプレッド。約定スピードが早く、スプレッドが狭ければ有利に取引できます。

  • 約定力は、売買を出してからそれが成立する力。拒否されたり約定までに時間がかかると想定していた値段より値がずれてしまいます。
  • スプレッドは買値と売値の差で、FX会社の手数料相当の費用です。

今回は、人気ブローカーのスプレッドと約定スピードを比較した動画を見つけたので、そのご紹介します。

Pepperstone、Bigboss、FXDDで約定スピード・スプレッドを比較

比較ブローカーは以下の3つです。

ブローカーロゴ ブローカー名 特徴
Pepperstone 人気がありながら日本から撤退した豪ブローカー
※日本在住者は利用不可
Bigboss 複数有名トレーダーが利用する一押しニュージーランドブローカー
FXDD 老舗のマルタ国籍ブローカー

まず結論!BigBossが非常に優れたFXブローカーだ!

まず、最初に結論を知りたいという方のために、最初に結論です

スプレッドはPepperstoneがNo.1、約定スピードについてはPeppestone、Bigbossが同じぐらいの早さです。Pepperstoneが日本を撤退した今は、Peppestoneに匹敵するBigBossが非常に優れたFXブローカーとなります。

やはり、BigBoss Financial(ビッグボス フィナンシャル)はオススメです。

Bigbossおよび、その他海外FXブローカーの情報は FinalCashBackサイトで入手できます。
ユーザ登録(1分で完了)すれば、新着情報も得られますよ。

比較:USDJPYの場合

・スプレッドは、Peppestoneは1.4pips、Bigbossは1.5pips、FXDDは2.5pips
・約定スピードは、PeppestoneとBigbossがほぼ同時、それに続いてFXDD

比較:EURUSDの場合

・スプレッドは、Peppestoneは1.6pips、Bigbossは1.9pips、FXDDは3.0pips
・約定スピードは、Bigbossが一番早く、Pepperstone、FXDDの順

比較:EURJPYの場合

・スプレッドは、Peppestoneは1.6pips、Bigbossは1.9pips、FXDDは3.0pips
・約定スピードは、Bigbossが一番早く、Pepperstone、FXDDの順

比較:AUDJPYの場合

・スプレッドは、Peppestoneは2.1pips、Bigbossは2.4pips、FXDDは3.7pips
・約定スピードは、PeppestoneとBigbossがほぼ同時、それに続いてFXDD

比較:GBPJPYの場合

・スプレッドは、Peppestoneは2.0pips、Bigbossは2.9pips、FXDDは3.8pips
・約定スピードは、PeppestoneとBigbossがほぼ同時、それに続いてFXDD

スプレッド・約定スピードだけじゃない。Bigbossのオススメポイント

私が最もオススメするポイントは、
FXはもちろん、Nikkei225や金・原油なども同一口座で取引できる点。

FXのボラティリティが低くなったときというのは、マネーの流れが変わり、別のアセット(例えば、株式やコモディティ)に資金が移動していることはよくあることです。
1つの口座で、FX、株式指数、コモディティが一度に扱えると、グローバルマネーの資金移動に追随して投資するチャンスが広がります。

BigBossの特徴については、下記ページで詳細に解説しています。
FXキャッシュバックサービス「FinalCashBack」を利用したお得に口座を開設する方法もまとめてあります。是非、チェックを!