ドル円、日経平均の下落が止まりません。「マイナス金利政策」で、急騰したドル円・日経平均でしたが、完全なる行って来い。
日銀のマイナス金利い導入の狙いは、日銀のインフレ2%達成に向けなんでもやる!という姿勢を見せるとともに、「マイナス金利になれば、お金を寝かせることを止め、投資や融資が増えて経済が活性化するだろう」というものでしたが、市場の反応、および、実態は真逆。銀行などの金融機関が取った方針は、
・投資や融資を増やすどころか、わずかな利回りの国債に殺到
・銀行顧客に対しては、さらなる超低金利や口座管理料を徴収

というもの。結果、マイナス金利の「マイナスの側面」が大きいことを市場は嫌気して、続落する結果となりました。

醜い行って来い:ドル円

日足チャートの一目均衡表の雲の下限を超え上昇しましたが、急騰前の水準に急落。かろうじて、前回安値を保っている状況です。今週はこの水準を守れるかが問われますが、市場環境的にはよろしくないですね。

 ドル円:日足
chart_usdjpy20160207
 自動トレンドライン機能がありとても便利です!

私は途中で安易に「買いポジション」を増やしてしまい、含み損状態です・・・う~む。

クロス円は総崩れ:クロス円通貨

ドル円急落で、クロス円通貨も総崩れ。ただ、ドル円よりは値を保っています。

 南アフリカランド:日足
chart_zarjpy20160207

 ポンド円:日足
chart_gbpjpy20160207
 自動トレンドライン機能がありとても便利です!

南ランド円、再び下落。含み損また再び拡大。利の乗ったポジションは決済しておくべきでした。
クロス円の中でも崩れ具合が大きかったのがポンド円。BOEの政策金利会議にて、これまで利上げを主張してきたマカファーティーMPC委員が利上げ主張を取り消したことで、急騰していたポンドドルが反転下落。それに合わせてポンド円も売られました。先日、ポンド円、ポンドドルは急騰時にあらかたのポジションを決済しましたが、多少残していたポジションが含み損です。もうそろそろ反転してくれないかなぁ。

レンジをブレイク:ユーロドル

ドル弱含み、円弱含みの展開を見せる中、これまでのレンジを抜け上昇したのがユーロドル。
 ユーロドル:日足
chart_eurusd20160207
 自動トレンドライン機能がありとても便利です!

含み損となっていたポジションを利益でポジション解消できました。ふぅ。

利益が出る一方、含み損を拡大させる通貨があったりで、口座の資産口座額があまり変化していない状況です。相場の方向性が逆転してくれると資産が増えるのですが、果たしてどうなるでしょうか。現在、ちょっと無理したポジションを持っている感じですので、ポジションを増やさないように取引したいです。

コメントを残す