FX取引に慣れてくると、よりよい投資環境・投資手法が欲しくなるもの。FX中級者が、チャート表示をMetaTrader(メタトレーダー MT4)に切り替え、世界で利用される優れたインジケーターをチャート表示させたり、FXの自動売買を始めるのもその一つです。

中には、少ない資金でより大きな投資をしたい、そのための高レバレッジな環境がほしい!という方もいらっしゃいますよね。

そんな方に、導入を検討してみる価値があるのが、海外FX。つまり、海外のFXブローカー口座でのFXトレードです。

海外FXを頭ごなしに怖がるな!まずは魅力を知ろう

「海外」は怖い。日本人は、「海外」と付くものに、憧れや魅力を感じる一方、自分が知らないものは「危ない」と考えがち。障壁が低くなった海外に率先して飛び出し成功を得る人たちがいる一方、実態を知ろうともせず単なる先入観で「海外は怖い」と日本に閉じこもっている人たちがたくさんいます。

これは、FXについても同じ。海外FXには日本のサービスにはない、魅力的なサービスがあります。

魅力1:高レバレッジで取引が可能

過激なレバレッジ競争を防止のため、2011年から最大レバレッジが25倍までと規制されている日本に対し、海外FXでは200~500倍は当たり前。1000倍といった口座もあります。

さて、ここで、よく聞くのは「高レバレッジはリスクが高いのでは?」という批判。

しかし、「高レバレッジだから危ない」のではありません。低いレバレッジから高いレバレッジまで範囲が広がっただけで、利用者の使い方の問題です。資金に見合わない大きすぎるロットで取引をすれば、最大レバレッジが何倍だろうと資金を失うのは同じです。使い方を間違えなければ、資金効率が高まりチャンスは広がります。
例えば、平時は日本で取引するのと同じぐらいのレバレッジ倍率で取引し、ここは絶対に高い確率で上昇する!というチャンスなタイミングなどに、高レバレッジが可能な利点を生かせば、小さな資金でも大きな利益を得る可能性が高まります。

魅力2:海外FXは追証無し!口座段高がマイナスになっても「ゼロカット」

預けた証拠金を上回る損失が発生しません。
日本の場合、FX取引にも「追証」といって、追加証拠金を入金しなければならない場合があります。しかし、海外の場合は、ゼロカット制度により、口座段高が0以下になった場合も、口座段高0として扱われるため、追加証拠金は発生しません。

魅力3:注文の透明性・公平性が高い

日本のFXブローカーは相対取引。自社のディーリングデスクで受けてから市場への注文を行います。この場合、ブローカーはインターバンクの値と異なる自分たちにとって有利な価格を提示することが許容された状態です。そのため、利用者は不利な取引を強いられる可能性があります。

しかし、海外には、ディーリングデスクを配置せず、直接取引インターバンクと取引が可能なNDD(ノンディーリングデスク)方式を採用しているブローカーが多数あります。この場合、ブローカーによって不利な約定を強いられることがありません。

魅力4:世界最大の取引ツール、MetaTrader採用ブローカーが大多数

日本では、MetaTrader(メタトレーダー)採用業者は限定的です。しかし、海外では、MetaTrader採用業者が大多数。自動売買も可能です。

MetaTrader5_overview

魅力5:FXとCFDを同じ口座で取り扱えるブローカーがある

海外には、FXとCFDが同一口座で取り扱えるブローカーがあります。このような口座では、為替と同時に、日経平均や米ダウなどの株式指数、ゴールド、オイルといったコモディティ、さらには、アップル、マイクロソフトといった世界的優良銘柄が、同一口座で扱えます。FXだけで資産運用を行う場合と比べ、投資先を分散させることでリスクヘッジが可能になります。また、資金をFX用、CFD用と分ける必要がないため、資金効率が高まります。
metatrader4_markets

魅力6:英語も心配なし。日本サポートデスクありの業者多数

CMでクリック証券やDMM証券が「取引量世界No.1」争いをしているように、日本は世界的にFXが盛んな国。日本人は保守的と言われますが、FXについてはそうではありません。
故、海外FXブローカーも、日本人顧客の獲得を重視しており、日本語のホームページはもちろんのこと、日本語のサポートデスク(メール、チャット、電話)を充実させているブローカーが多数あります。このようなブローカーでは、口座開設から通常トレードまで、英語を意識する必要がありません。

魅力7:FX取引毎にキャッシュバックが得られるキャッシュバックサービスが利用できる

海外FXには、取引毎にFXキャッシュバックサービスが得られる、FXキャッシュバックサービス(業者)が存在します。簡単に言うと、ポイントサイトのFX版のようなものです。
有名なサービスにはFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)CashBackForex(キャッシュバックフォレックス)があります。

利用は無料、ポイントサイトと同じように、これらサービスで口座開設をするだけです。あとは口座を開いたらいつもの通りFX取引をするだけで、FX口座の取引量に応じて現金が戻ってきます。利用のデメリットは何もありません。使わないと損!ともいえるサービスです。

money_flow_06

まずは情報収集を含め、FinalCashBackに登録しよう

さて、海外FXの魅力、ご理解いただけたでしょうか。でも、いざ、海外FXを始めてみようと思っても、どのようなFXブローカーがいるのか、どのFXブローカーがオススメなのか、わかりませんよね。

そんなときは、FXキャッシュバックサービスFinalCashBackに登録しましょう。
FinalCashBackは、同種のサービスの中で、(1)リベート率、(2)提携業者数、(3)日本人ユーザー数、の3つが世界No.1。最大手のサービスで、キャッシュバック額も5億円以上の実績があります。

fcb-toppage

もちろん利用は無料。簡単登録で世界のFXブローカーの情報が収集できるだけでなく、同サイトを経由して、口座開設をすれば、取引量に応じたキャッシュバックが得られます。
もはや、使わない手はないサービスです。

私はこのサービスをサービス開始当時から利用。キャッシュバック額は再投資の財源にしています。

ユーザ登録すると、
・もれなく現金1000円プレゼント
・CashBackForex完全攻略ガイドのプレゼント
などの特典もあります。

詳細:FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)