投資の世界では本名よりも“ウルフ村田”として知られる著者。
血の匂いを嗅ぎ分けて獲物に襲い掛かる肉食獣、オオカミのように、お金の匂いを嗅ぎわけ手に入れようとする様から、そんな異名を持ちます。

異名を納得させてくれるのが著者の経歴です。東大経済学部を卒業後、長銀に入行するもまさかの破綻。キャバクラ嬢に転身し指名数No.1を達成後、敏腕トレーダーとして開花。現在は、メディアでも情報を発信されています。

本書はそんなウルフさんが20年の投資生活で会得した「お金に愛される生き方」「お金持ちになれる思考法」をまとめた一冊。タイトルに「投資術」「思考」とあるので、株価・為替でどのような投資手法や相場の見抜き方で利益を得るのかをまとめた本を期待して本書を手にしたのですが、残念ながらそのような内容の本ではありません。ウルフさんがいかに人生で成功し豊かな生活を手に入れてきたのか、その「お金を引き寄せる思考・行動」についてまとめた本です。

成功に最も大切なのは「人脈」

ウルフさんは異色な経歴を持ちますが、なんといっても彼女の成功に大事だったのは「人脈」だったといいます。しかし、その時々でたまたま自分の周りにいた人たちと付き合っていたとしても、「一歩上」、つまり生活水準を高めていくことはできません。例え、一流の大学・大手企業に就職したエリートであるだけでは、スーパーリッチにはなりません。

大事なことは、「少しでもワンランク上の人たちとの付き合いを広げること」お金持ちと知り合いになろうと思ったら自分からアクション起こすしかないのです。

銀行員時代から現在に至るまで、仕事付き合いはもちろん、パーティーやセミナーなど様々な肉食的手段で人脈を形成した結果、「お金持ちの考え方がわかる」ようになり、その結果「警戒心が強いお金持ちら達に近づくテクニックを習得できた」と語ります。

お金は天下のまわりものと言われるが・・・ ウルフ流お金持ち思考

「お金は天下のまわりもの」と言われます。しかし単にお金を使っても、使ったお金はあなたのことには回ってきません。

大事なことは、「何に使うか」。自分の信頼できる人に使うことが大切です。

また、お金は自分を喜ばせてくれるところに寄ってきます。いいことを聞いたらどんどん拡散させることが大事です。情報を他人と共有することで初めて価値が生まれます。

質問です。あなたの友達5人の平均年収はいくらでしょうか?

その平均があなたのおおよその年収です。
お金持ちになりたければ、お金持ちと知り合わなければなりません。そういう人たちと多くの時間を持つことで、自分も徐々に高い方に引き寄せられます。今すぐ、肉食的に、アクションを起こしましょう!

Amazonの価格と評価をチェック