「金融商品の9割は自分の家族に勧められない」

著者で、現在、FPの高橋 忠寛さんはもともと銀行マン。銀行と個人の情報格差はとても多く、無知に付け込んで商売をしていえるとしか思えないような商品や販売手法をたくさん見てきたと言います。

本書は、銀行マン時代の経験を踏まえて、銀行側のお客の扱い方(思惑)、それを踏まえての銀行との付き合い方、本当に利用すべき投資用金融商品などを非常にわかりやすくまとめた本。なぜ、金融マンに言われるままに商品を購入してはいけないのか、そして、当の本人らが実際に利用している金融商品はどのようなものなのかが、非常にわかりやすくまとめられています。

金融リテラシーの程度には3つのステージある

銀行マンとして、たくさんのお客とお金について話た経験を持つ高橋さん。彼はその経験から、金融リテラシーの程度には3つのステージがあるといいます。

  1. 食わず嫌いの段階
    何もわからない。よくわからないし、何もしない。怖い。
  2. 興味関心が高まる段階
    勉強すれば勝てるかもしれないと考える。手数料や効率性は気にしない。個別株投資やFX、アクティブファンドを活用。保険商品を使っての資産運用もあり。
  3. 達観した段階
    時間と労力をかけて勉強し、情報収集して資産運用に取り組んでも報われるとは限らないと悟る。結局は相場全体の動き次第。資産運用自体は人生を楽しむための手段であって、それが目的ではない。趣味として投資を楽しむことができれば、インデックスファンドなどを利用した省エネでローコストの資産運用で十分だと思う。

日本人の多くの方は1。投資をしていても多くは2のステージにいるといいます。一方、高橋さんは、著者も数年かけてこのステージに上がってきたと語ります。金融商品に関する様々な知識を身につけ、金融資産のカラクリを知るに従って、変化していったと述べています。

最大の問題は「利益相反」

日常生活ではより安いものを探して買うのに、金融商品についてはどのぐらいコストがかかっているかに無関心であるケースが非常に多いのが現実。

統計データを見ると、日本の投資信託の平均保有年数は2年程度。10年という運用期間中に、購入手数料が2%かかる投資信託を2年ごとに解約して、新しい投資信託に乗り換えた場合、購入手数料の合計は5回分で約10%。運用資産が300万円なら、購入手数料だけで30万円になってしまうのです。

これが、金融機関が、次々に新しい金融商品への乗り換えを薦める理由。銀行の利益と、顧客の利益が完全に相反しているのです。故、金融マンがいうことを信じて、金融商品を購入してはいけないのです。

銀行員が舌を巻くほど資産形成に成功している人の習慣

いつもは金融商品をご紹介しても無反応。しかし、リーマンショックのような大暴落が起きた際など、時間分散をしながら大胆に商品を購入する人たちがいる。ここぞとというときしか動かない人たちだ。彼らのような人は、大底と天井と人と違う動きができるので、本当にお金持ちになれるのです。

彼らはいつも、いつも「冷静で平常心」
相場の動きに一喜一憂することはなく、きちんとした分散の組み合わせ(ポートフォリオ)を組み、定期的なリバランスを行っている。

銀行員が顧客には薦めないけど家族に勧める資産運用術

キーワードは「長期」「資産分散」「時間分散」「低コスト」シンプルでコストの安い商品です。

要点をまとめると以下のようになります。

  • 投資信託なら、インデックス運用を中心にしてポートフォリオを構築
  • 組み入れる資産クラスは、単純に国内株式、海外株式、国内債券、外国債券の伝統的4資産でも構わない。興味があるのであれば、これにREITやコモディティを組み合わせる。
    ・国内債券は投資信託でなく、個人向け国債でもOK
  • 保険商品は資産形成に使わない。保障と運用は分けて考える。
  • 毎月分配型など、分配型投資信託は利用しない
  • 頻繁な売買はせず、長期に徹する
  • ポートフォリオは、年1回程度のリバランスを行う
  • タイミングを計るのは難しいので、毎月積立投資する
  • ライフプランを考えて出口戦略も用意しておく

どんなに手間をかけても、その分、確実にお金を殖やせるわけではありません。騙されたり、おかしな商品をつかまされたりしないように、最低限のリテラシーだけ身につけていれば、資産運用はできると著者は本書をまとめています。

以上、本書をまとめましたが、本書は、是非、実際の本を手にとり、1章から読み始めてほしい良書です。
もと金融マンの経験をもとに書かれているので、非常に説得力があり、自分がどのように資産形成すべきなのかがわかります。正直、「どんなに手間をかけても、その分、確実にお金を殖やせるわけではありません。」という言葉は、私にはきつい一言。しかし、その言葉の意味も非常によくわかります。多くの人に読んでいただきたいです。