(更新日:2017/02/05)

体にいいと言われるヨーグルト

最近は単に整腸作用があるものだけでなく、アトピーやアレルギーの症状を緩和するもの、ピロリ菌を抑制するもの、発癌物質の成長を抑制するものなど、実に様々な効果をうたった商品が店頭に並んでいます。

その中で、私が最も気になっているのは、雪印メグミルク、「恵」シリーズのガセリ菌SP株ヨーグルト(希望小売価格:税別105円)

商品サイトによると、「成人男女が、ガセリ菌SP株入りヨーグルトを1日1個、12週間摂取したところ、内臓脂肪の減少が確認された」との調査報告があるそうです。内臓脂肪を落としたい方には気になるヨーグルトです。

メタボ対策に「ガセリ菌SP株ヨーグルト」を毎日食べると、その費用は?

毎日食べたい!と思いますが、仮に12週間毎日食べるとするとそのコストは、
105円×7日×12週間=8820円(税抜)
家族も一緒にとなると、ヨーグルトだけでもバカにならない食費が必要です。

腸内環境を改善したくても、ヨーグルトの菌は弱いため、週に数回食べても意味が効果は得られません。毎日食べたい、でも、食費がかかる!どうしたらいいでしょうか?

ヨーグルトメーカーで自家培養して食べよう!

安くヨーグルトを食べたかったら、ヨーグルトメーカーで自家培養して食べるに限ります。自宅で手作りでヨーグルトを培養する方法はとても簡単です。

方法は、市販の牛乳1リットルにヨーグルトを1パック入れてかき混ぜ、30~40度の温度で半日ほど発酵させるだけ。発酵がすすみ固形状に固まったら冷蔵庫で冷やしましょう。普通のヨーグルト同様、おいしく頂けます。この方法なら、10倍ぐらいに増やしてヨーグルトが頂けます。しかも、すべてを食べきらず、少し残してさらに牛乳1本を継ぎ足し自家培養すれば、また、新たなヨーグルトが作れます。

私が使っているヨーグルトメーカーは、「EasiYo(イージーヨー)」という商品のヨーグルトメーカー(保温器)。容器にお湯をはり、その中でヨーグルトを溶かした牛乳を保温するというタイプです。

当初、ヨーグルト菌がほしくて購入しましたが、特別な菌を毎回買うと高くつくので、現在はスーパー/コンビニで買えるヨーグルト&牛乳で自家製培養しています。

お試し品用として、菌1回分+EasyYoヨーグルトメーカーが1700円(税抜)で購入できますが、毎回、お湯を沸かすのはちょっと面倒です。

オススメは電気保温タイプのヨーグルトメーカー

日々の利用を考えるなら、牛乳パックの中にヨーグルトを入れてそのまま電気で保温するヨーグルトメーカーが手間がかかりません。2000円台から購入できるので、お財布にも優しいです。
以下に、Amazonとkakaku.comランキングで売れている商品をご紹介します。

トプラン ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016
東京企画
参考価格:¥ 4,298
価格  :¥ 2,463 (¥ 1,835 OFF (43%))

AmazonヨーグルトメーカーランキングでNo.1の商品です。
Kakaku.comのランキングでもNo.2で、高く評価されています。お値段もリーズナブルでいいですね。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き IYM-012-W
アイリスオーヤマ
価格  :¥ 5,860

Kakaku.comのランキングでNo.1の商品です。温度設定が25℃~65℃まで1℃刻みで変更できる高機能タイプです。27℃保温が必要なカスピ海ヨーグルトから、60℃保温が必要な甘酒まで用途広く使えます。その他、発行玄米、納豆の発酵など、高機能な分、いろいろな用途に使えます。

その他、少しずつ機能が異なる商品が各種メーカーから発売されています。あなたの1台を見つけてみてください。
その他ヨーグルトメーカーを見る

あると便利なヨーグルトアイテム

水切りヨーグルトができる容器 ST-3000
曙産業
参考価格:¥ 2,160
価格  :¥ 1,366 (¥ 794 OFF (37%))

最近は水切りヨーグルトが人気ですよね。水切りするとヨーグルトが濃縮し、クリームチーズのような濃厚なヨーグルトが頂けます。スイーツ・お料理に大活躍。ヨーグルトレシピも広がります。

ヨーグルトスプーン ロング すくうタイプ
eve-mode
価格:¥ 691

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る際に必要になるのが、かき混ぜ用の柄の長いスプーン。通常のスプーンだと短すぎて底にたまったヨーグルトがかき混ぜられません。以下のようなスプーンを一緒に用意するといいです。

Kai House Select 牛乳パックシリコン蓋 DH-7012
貝印
価格  :¥ 486

できたヨーグルトを容器を入れ替えることなく冷蔵庫にしまう場合は、蓋があると便利です。取り出しやすいように牛乳パックの上部をカット後、こちらの商品で蓋をします。

ヨーグルトメーカーでつくるヨーグルトのお味は?

下の写真は、「ガセリ菌SP株ヨーグルト」をもとに自家製培養したヨーグルト。ガセリ菌SP株ヨーグルトを菌のタネにして作ったヨーグルトのお味は、非常に酸味の少なく、なめらかで、ほんのり甘さを感じるヨーグルトです。

ヨーグルト

培養用の菌となるヨーグルトを変えると、できるヨーグルトの味・風味も変わります。私のオススメヨーグルトは森永乳業の濃密ギリシャヨーグルト。しっかりとした硬さがある、もっちりとした酸味の少ないヨーグルトが出来上がります。とてもおいしくて、もはや私の定番ヨーグルトです。(下図:上部分)

yoghurt_3type

ちなみに、もう一種類、上図ではLGG乳酸菌入り、トクホマーク付きのタカナシのおなかへGG!も掲載してみました。LGG乳酸菌は、生きたまま腸に届く耐性のある乳酸菌です。胃酸に負けることなく菌が生きたまま腸に届きます。

菌が弱ってきたら、新しいヨーグルトを購入しましょう

購入したヨーグルトをもとに、数回、自家培養すると、だんだん菌が弱ってきて、ヨーグルトの質が落ちてきます。固まりにくくなってきたり、ヨーグルトの滑らかさがなくなってきたら新しいヨーグルトを買ってきて、1から自家培養しましょう。同じヨーグルトを買ってきてもいいですし、風味や機能の異なるヨーグルトを買ってきてもいいですね。是非、ヨーグルトライフを楽しんでください。

コメントを残す