私は家計簿アプリに無料で簡単に使える全自動家計簿 – マネーフォワードを使っています。

既に利用者300万人でご利用者も多いこのツール。改めて詳しく紹介する必要もないと思うので、私なりのマネーフォワード活用術を中心に紹介します。

自動家計簿アプリ「マネーフォワード」とは

マネーフォワードは、複数の口座情報を一括管理、家計簿を自動作成する、新しいウェブサービス。
銀行・証券・FX・クレジットカード・電子マネー・年金などの口座情報を一度登録するだけで、自動で口座情報をアップデートしてくれます。

家計簿して、また、金融資産管理簿として、大いに役立っています。PCでもスマホでも使えるので、ちょっとした隙間時間に家計簿がつけられます。

私のマネーフォワードによる家計簿・資産管理の仕方

家計簿は面倒だと続きませんよね。家計簿入力の手間を省く秘訣は、極力「現金払い」を減らすこと
クレジットカードや電子マネーで支払いをすれば、履歴が残り、自動でマネーフォワードに登録されます。

私は以下のルールを設けて、各種支払いを行っています。

 支払いルール

  • 支払いは高還元率のクレジットカード優先
  • 毎月支払いが必要な光熱費・通信費は自動引き落とし(クレジット払い)で
  • コンビニ、スーパーなどの支払いは極力、電子マネーやポイントで

私が利用中のクレジットカード

私は以下のクレジットカードをメインカードとして使っています。

 メインクレジットカード

上記以外に、各種、特典がついたカードを使い分けています。

 サブクレジットカード

私が利用中の電子マネー、ポイントカード

3大ポイントカードと言えば、nanacoカード、Pontaカード、Tカードですよね。基本的にこの3つのカードにポイントが貯まるようにしています。

  • nanacoカード
    セブンイレブンやイトーヨーカドーで支払いをするときに使用。
    チャージをクレジットカード経由で行えば、クレジットカードチャージ時とnanacoカード使用時の計2回、ダブルでポイントがつきます。
  • Pontaカード(ポイント)
    リクルートカードのポイントPontaカードに移行し、支払いに使っています。
    故、私はローソン系店舗での支払いはいつもポイント特典での支払いです。現金払いはしません。
  • Tカード
    Tカードの代表店舗と言えばファミリーマートやTSUTAYA。利用頻度が少ないため、支払時に提携カードにポイントを貯めているだけです。もう一工夫したいところです。

資産管理簿としての利用

moneyfoward_assetマネーフォワードでは、以下の情報がわかりやすく一覧できます。
個人的にグラフィカルに確認できて助かっているのが、「1.総資産額と資産の内訳のグラフ」と「7. 資産の時系列推移」。

市場が荒れたときは、資産額が大きく変動します。どのぐらい減り、また、どのぐらいのスピードで回復したのかがわかるのは非常に便利です。

1. 総資産額と資産の内訳
2. 登録金融機関ごとの残高
3. 最近の入出金履歴
4. 当月の収入、支出
5. 入出金の時系列推移
6. 資産の内訳と増減
7. 資産の時系列推移

まとめ:マネーフォワードで実現できたこと

以上、マネーフォワードの私なりの使い方をまとめました。マネーフォワードを使い始め、以下のことが実現しました。私にとってはもはやなくてはならないツールです。皆様も是非、ご活用を!

  • 家計簿:1ヶ月の支出の把握
    1年通じて変動はあるものの、自分は最低限いくらあれば生活ができるか、把握しています。故、将来に対する漠然とした不安が軽減しました。
  • 支払を、クレジットカード、電子マネーに集約することで、ポイントGet
    現金で払っても何も得しません。支払はなるべくポイントがつくカードで行いましょう。
  • 現金払いを減らしたことで、結果的に無駄な出費が削減
    お財布から現金を払う機会を意識的に減らしたことが、結果的に無駄な出費の削減へとつながりました。今ではそれが習慣となったため、あれもこれも欲しい!という気持ちを抑え込まなくても無理なく出費が減らせるようになりました。
    ただし、何から何まで出費を減らそうとは思っていません。将来につながる出費(投資)は減らさないようにしています。読書や毎月のジム代などはその一つです。映画や旅行などの趣味も大事にしたいです。
  • 資産管理簿:金融資産全体の把握
    時系列で自分の資産が変動しているのか、アプリを立ち上げるだけでわかるので、無茶なトレードの軽減につながりました。

【詳細】全自動家計簿 – マネーフォワード