この時期になると気になるのが確定申告
投資利益の出ている人なら税金が気になるところ。

でも、もっと深刻なのは、以下のようなケースで副収入が年20万円以上ある人の場合。
会社に副業がバレないか、ご不安を抱えている方、いるのでは?
・ホステス、キャバ嬢など水商売で働いている
・雇用契約において副業が禁じられている

例えば、アフィリエイトの場合、すべての収入は銀行口座支払ですから、お金の流れは明らか。偽ることができません。
さて、税金逃れすることなく問題解決するにはどうしたらいいでしょう?

その前に、「所得区分」とは

まず所得には「所得区分」と言われるものがあります。
サラリーマンの場合の所得は「給与所得」です。
一方、サラリーマンが本業以外で行うアフィリエイトなどの副収入の場合は、「雑収入」です。
※但し、個人事業主として副業を行う場合は、「雑所得」ではなくなります。

なぜ、副業がバレる?

本業・副業を合わせた所得の額は会社や個人の申告によって確定し、税務署から市町村に通知されます。
この所得額の通知をもとに市町村の税担当は住民税を計算し、「給与所得等に関わる市民税・県民税特別徴収額通知書」を5月末までに勤務先に送付します。
そして、会社はこの通知書をもとに住民税を給与から天引き(特別徴収)するのです。

この時、会社が把握している住民税の額に差があると、会社に副業がバレてしまうわけです。

会社に副業がバレないようにするには

さて、ここで、税金(住民税)の納め方には、先に出てきた「特別徴収」以外に「普通徴収」の2種類があります。

ここで、アルバイト、アフィリエイト等の収入が「雑収入」であれば、確定申告で住民税の支払いを「自分で納付する」(普通徴収)とすれば、この分の申告が会社に通知されることはありません。

つまり、会社にバレずに済みます。

但し、受け取っている収入が「給与収入」の場合は、「特別徴収」となり、副業がばれてしまいます。
その場合は、市町村役場に行き、「普通徴収」にしてもらえないかお願いしてみましょう。
市町村によっては対応してもらえるようです。

それよりも、働く前に、「給与」ではなくて「報酬」として、対価が受け取れるようにしてもらうことが大切。

収入を増やすための副業で、本業の雇用を失ってしまっては仕方ありませんから、働く前に、始める前にこのぐらいの注意はしましょうね。