心のままに投資すれば、必ず損する人の心理を理解する一冊

「人間は自分の利益を最大化するように合理的に行動する」ことを前提とする経済学。
しかし、実際の人間の行動は不合理です。だから、自己の投資の間違いを訂正する損切りができません。

本書は、行動心理学を考慮した投資を薦める一冊です。
利益は早く確定したい、しかし損は先延ばしにしたいといった人間の素直な心理に従って投資行為を行うと「損」してしまう理由をわかりやすく説明しています。

なお、本書は、2014年3月から2015年までの日経電子版で「投資賢者の心理学」と題して、51回のコラムとして掲載されたものを大幅加筆修正してまとめられています。
わかりやすく、かつ、様々な観点からまとめられています。良書です。

長期投資=低リスクという勘違い

「リスク」とは「損すること」と思っていませんか?
「リスク」の正しい定義は、投資した結果がブレる=不確実性のことです。しかし、多くの人は「リスク=損」、危険という意味と勘違いしています。

しかも、「リスク=損する」と定義した場合においても、「長期投資がリスクを低減する」というのは明らかに間違い。投資期間が長くなれば、バブル崩壊に遭遇する可能性は高まります。これも行動心理学における、「先入観=ヒューリスティック」が関係しています。

まずは頻繁に出てくる投資ワードを正しく理解しましょう。

ハイリスク・ハイリターン
 ×:リスクの高いものはリターンも高い
 ○:高いリターンを求めると、必ずリスクは高くなる

ローリスク・ローリターン
 ×:リターンの低いものはリターンも低い
 ○:リターンの低いものは、小さいリターンしかもたらさない

心のままに投資すれば、必ず「損」する

人は「儲けたい」と思って投資行為を行います。しかし、心の命ずるままに投資を行えば、「損大利小」の言葉にある通り、必ず損するようになっているのが人の投資行動。利益が出ているときは確実なものにしたいと考え、逆に損しているときは先送り、あるいは、取り戻そうと賭けに出たがります。これが10回勝っても1回で大損を出してしまう理由。つまり、「損があまりにも嫌いだから、損をしてしまう」のです。

損失回避、後悔回避、ヒューリスティック、現在バイアス(先のことより今を重視してしまう)、利益確定は早めたい・・・・
普通の人が不通に感じる心理状態のままで投資をしても、なかなかうまくいかないのです。

「人の行く裏に道あり 花の山」
相場は人と同じやり方、人の心に基づく投資を行っていては儲けられないのです。

では、どうすればいいのか?

人間が自然に心の趣くままに考え、行動している限りは損から逃れることはほぼ不可能。しかし、自分の心に負けないためにできるに、特別なことはありません。様々な投資本に記載されている、いわゆる当たり前ともいえることを愚直にこなすしか方法はないのです。

1.心の命ずるままにならない仕組みを作る
2.ルールを決める

3.体験する
4.見た目に迷わされない
5.他人を気にしない

1,2を実現する代表例がドル・コスト平均法による積立投資です。著者は、ドル・コスト平均法でリスクが低減するでけではないことを断った上で、一つの方法として紹介しています。また、損切リール、投資額のルールなどを設けることについても説明しています。

大江 英樹 氏の他の著書をみる